専敬流のいけばな
自由花
古 典
生 花
投 入
盛 花
現代花
 花は万人に好まれ、人の心を和ませる美しさをもっています。
いけばなでは、その花のすべてを知り、それに何を感じ何を把握するかという、花との接し方が重要なのですが、専敬流では下図のように、古典の生花(せいか)そして投入(なげいれ)や盛花(もりばな)と創作的な現代花を含めた自由花に、表現様式を大別して指導しています。
当サイトの無断転載を禁止します。